2005年04月16日

1

異教平原を横断する間、事件らしい事件といえば2匹の野犬に襲撃されたことぐらいのものだった。その襲撃そのものは剣で簡単に切り抜けたものの、ダークウッドの森へ到達するまでの3日間の旅路は身心を消耗させるものだった。

旅の間で見たもっとも忘れがたい情景は、火吹山の特徴的な赤い山頂が天に鋭く聳え立っているのが東に見えたことだ。

私はストーンブリッジのドワーフの村を通り抜け、赤水川を渡り、ついにダークウッドの森へ到達した。
地図に従って森を抜け、樵小屋に遂に到達したときには、ファングの青豚亭でヘンリー・ドラカーと別れてから、ほぼ5日間が過ぎていた。
疲れと空腹は感じたものの、樵小屋を見たことで気力が奮い起こされた。

私は中から返事があることを期待して開け放たれた入り口へ声をかけたが、床に積もった埃とごみが、長い間その小屋が使われていないことを物語っていた。
小屋の奥の隅には暖炉があり、そこのぼろきれの下で落とし戸を発見した。
私が落とし戸を引き上げると、木製の階段が私を陰鬱な地下へと誘っていた。
端書
posted by marker at 03:26| Comment(2) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

0-背景

ファング、悪名高き「死の罠の地下迷宮」で有名なこの町に、私が辿り着いたのは二日前のことだ。毎年恒例の迷宮への挑戦が来月にせまっていたため、街は興奮と喧騒に満ちていた。

そんな中で私はといえば、ここのところ不運続きで食事や宿代に必要な銅貨数枚にさえ困る有様だった。

私は青豚亭という宿屋の屋根裏にある雑魚寝部屋に宿を取っているが、同室の人間は私のような旅行者や、不運に見舞われて社会の底辺に追い込まれた連中ばかりだ。私は常に剣を枕の下に潜ませて寝ることにした。

ある晩、一人の客が部屋に入ってくると、私の対面の寝床にどさりと座り込んだ。
その大柄な男は外套に身を包み、月明かりの中、かろうじて両の眼が見て取れた。
塵と埃にまみれたその姿から、遠方から旅してきたようだ。

その男に興味をそそられた私は持っていた酒を勧めた。
男はヘンリー・ドラカーと名乗り、最近の冒険について、どのようにして伝説の宝の探索のなかで彼が危うく命を落としかけたかについて話し出した。

私は自然とその話に興奮し、彼にさらに酒を勧めた。
彼は5年もの間、宝石の目を持つ巨大な金竜の像を探し続け、ついに危険な地下迷宮に横たわる金の竜を発見した様を語った。彼は竜を見つけたときの喜びを思い出し微笑んだが、そのすぐ後に竜の目が失われていることに気づき、激しい怒りを覚えたと告げた。
両目のない状態のその竜の像に触れるものには、速やかな死が訪れると言われていたからだ。
彼はそのことに確証があったわけではないが、結局その場を後にした。
二つのエメラルドの目の探索を続けた彼だったが、洞窟で3mもあるような双頭のトロールに襲われ、命からがら逃げ出した。命拾いした彼は、宝と金を秤に掛け、命をとった。探索を断念したのだ。


ツキが回ってきた。
私は彼に、自分も同じような冒険者だと告げ、その探索を完遂させてやろうじゃないかと提案した。
彼もその話に乗ってきた。
私が無事、金竜の像を持ち帰ったら、売り払って儲けを折半するのだ。
「”死の罠の地下迷宮”に眠る全ての金をあわせたよりも価値のあるものだと請け負うぞ、折半しても十分すぎるほどの富だ。」彼は得心して言った。「俺の見積もりじゃあざっと金貨335,000枚は行く!」
だがこの話には、私が成功したとき必ず戻る保証が必要だ。
「その点ならあんたは気にすることはない、これを飲みな。」彼はそういって紫色の液体の入った小さな瓶を差し出した。

彼が言うには、この瓶の液体は遅延性の致死毒だというのだ。
これを飲んで14日以内に彼の元に戻り、解毒剤を飲まなければ死に至ると。
私はその瓶を引ったくり、彼を冷静に見つめると一息に飲み干した。

彼は地図を広げ、ダークウッドの森の樵小屋へと続く道を示した。
その中に地下迷宮へ通ずる落とし戸がある。
地図を説明し終わったところで、彼は私に迷宮に潜む多くの危険な生物や邪悪な住人について警告した。

全ての説明を終えると、彼は疲れきって眠りについた。
私はというと、眠ろうとしたものの眠りにつくことができず、待ち受ける危険な旅に想いをはせた。

朝になり、男は私に小さな皮袋を差し出した。
中には巨大なエメラルド製の”目”が一つ入っているではないか!

「おれは一つは見つけたのさ。もう片方をあんたが見つけることを願っているよ。さあ持って行きな。これが無くては意味が無いぞ。俺はここであんたを待とう。」
彼は真剣な表情で言った。
「覚えておかなけりゃいけないことは二つだ。一つは14日以内にここに戻ってくること。それを超えては駄目だ。二つ目は俺の渡した”目”の片割れを見つけ出し、竜に触る前に両目にはめ込むことだ。」


私は背嚢に食料を詰め、皮袋と金貨十枚を懐へ入れてヘンリー・ドラカーに別れを告げた。
「幸運を」彼は言った。「あんたにはそれが必要だろう。」
大柄で頭の禿げ上がった彼は、その手を伸ばし、私の手を握りつぶさないように握手をした。
その太った顔から氷のような青い瞳が私を注意深く見つめてくる。
彼は微笑んでいるにも関わらず、その瞳にあるなにかが、私に彼を信じることの不安と不本意さを感じさせる。
だが、今や私の気を変えるには遅すぎる!私は出立して一度だけ青豚亭の傾いだ通路を振り返って彼を見た。

金の竜は本当にあるのか。
私は本当に遅効性の毒に犯されているのか。
ヘンリー・ドラカーの何が私を不安にさせたのか。

確かなことは何日か後にはそれらの疑問が全て判明するだろうということだ。


さあページをめくりたまえ
端書
posted by marker at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

最初に、あるいは単なる言い訳

このBlogでは、Wizard Booksから発行されている、イアン・リビングストンのゲームブック、「EYE OF THE DRAGON」のプレイ記録を付けていきます。

残念ながら、私の英語力は高校生の中程度のものですので、原著の英語を読解する段階で間違いが発生する可能性もあります。
また、英語を訳しながらのプレイになりますので更新速度もそれほど上がらないと思います。

この作品の難易度は不明ですが、基本的にルールにのっとってプレイしていくつもりです。
ですので、何年たってもゴールにたどりつかないなんてこもと十分考えられます。

この作品は現在、翻訳の予定はありませんが、将来どうなるかわかりません。
ですので、ここで上げる記事は基本的には直訳という形はとらないことにします。
それでもストーリーや雰囲気はできるだけ出して行こうと思いますが、なにぶん私の駄文での記事となりますので、平にご容赦ください。

さて、こういった記事はデッドエンドによりやり直した場合どう表記するかが問題になります。
多くの人は何回かやり直した場合、省略したりあるいはまとめて表記という手段にでており、確かにその方法は楽なのでしょう。私もそうしようかとも思ったのですが、それもちと芸のないことですのでここでは趣向を変えようと思います。
とりあえず、パラグラフ単位で一つの記事とし、同じパラグラフでもアイテムなどの状況によって結果が異なる可能性がある場合はパラレルなパラグラフとして別記事を書いていくことにします。
その上で各記事のリンクを設定することで、このBlog上でゲームブック的に読むことができるようになるはずです。
そういった仕組みにすることは、後々さまざまな問題になる可能性もありますので、将来的に予告なく全体を削除する可能性がありますがご了承ください。

以上、うだうだと描いてしまいましたが、気力が続いて飽きが来ないうちはがんばっていこうと思います。
posted by marker at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 最初に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。