2005年04月18日

196-絵を購入

金貨5枚だって!?
確かに買えないことも無いが、この探索行に出かける際の全財産が金貨10枚。
その半分の価値が果たしてこの梟の絵にあるのだろうか?

だが、この老人からして、何故ここで絵を書いているのか謎であるし、ただ一人で地下迷宮で生き延びているということは何か力があるのではないか?

明らかに何らかの力がこの老人にはあると考えるのが妥当だろう。

悩みに悩んだ挙句、私は懐から金貨5枚を取り出して老人に渡し、梟の絵を受け取り、部屋を後にした。
端書
posted by marker at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

196

とりあえず老人は危険なようには見えない。
私が声をかけると老人は筆を置いて私を見た。
「どうしたかな?何か助けが必要かね?わしにできる範囲にしてくれよ。」
私はエメラルドがどこにあるか知らないか尋ねることにした。
老人はその髭を引っ張って頭を振って心配そうに答えた。
「わし等はここでは竜の目のことは話さないんじゃよ。宝探しにこの地下迷宮へ降りてくるやつらで再び戻ってきたやつらは居らんのじゃ。残念じゃがおぬしの手助けはしてやれんようじゃ。
じゃが、もしよければ、わしのこの、出来上がったばかりのかわいらしい梟の絵を買わんかね?」
彼は絵のことになると急に口調が変わって熱心になった。
「今なら金貨5枚で良いぞ」
端書
posted by marker at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。