2005年04月20日

329-商品購入(第一回)

黒板に示されているものは、どれが何の役に立つのか私には判らないものが殆どだ。
だが、銀の短剣は役に立つかも知れないと思った私は、金貨3枚と引き換えに銀の短剣を手に入れ、部屋を後にした。

しかしさっきの老人もそうだったが、ここでは商売できるほど人の行き来があるのだろうか。
posted by marker at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

329

扉を開けると、そこは小さいながらも床から天井まで届く棚に、ブリキの容器、瓶、壷、箱、そしてありとあらゆる物で埋め尽くされている商店だった。
店の奥の勘定台には白い前掛けを身に着けた老人が居て、わたしが店に入ると愛想の良い声で挨拶してきた。手には小さな黒板を持っており、”今日のおすすめ”が示されている。

今日のおすすめ
白墨        金貨1枚
大蒜        金貨1枚
銀の短剣      金貨3枚
木製の鴨の彫刻   金貨2枚
豚の尻尾の漬物   金貨1枚
スカンクの油    金貨2枚
蝋燭        金貨1枚
釣り針       金貨1枚
ブリキの呼子    金貨1枚
乾燥茸       金貨1枚



端書
posted by marker at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。