2005年04月26日

第二回冒険記録

背景/1
311
69
186
389/-スキルチェック成功
26
51
41
258
243
15
369
食事
322
158/-スキルチェック失敗
377

ステータス
posted by marker at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

362-戦闘(第一回)

襲い掛かる食屍鬼にひるんだのか、単に日ごろの修練がたりなかったのか、原因はわからない。
重要なことは、食屍鬼の最初の一撃を防ぐことができなかったということだ。

汚らしい爪が胸元の肉をえぐり血が流れた。
不思議と痛みは感じなかった。
私は反撃のため後退しつつ、その穢れた腹をなぎ払った。いやなぎ払おうとしたのだ。
だが足がもつれてそのまま後ろへ転倒してしまった。
食屍鬼がうなり声を上げて接近してくる。
倒れたまま剣を突き立てようとしたものの、腕が動かない。
食屍鬼が肉を食らおうと覆いかぶさってきたが私は叫び声を上げることさえできなかった。

痛みも、食われている感覚もない。

私は喉元から吹き出る赤い血を、どこか他人事のように見つめながら自分の心臓が停止するのを待った。

END
端書
posted by marker at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

362

私は縄梯子がしっかりと橋に結び付けられているのを確認し、その暗闇に覆われた穴へと下りていった。
穴のそこに辿り着いたものの、あたりは暗く、静寂に覆われている。

しばらくして暗闇に目がなれた頃、前方から、なにか引きずるような音が近づいてきた。
ゆっくりと、汚らわしい不死の怪物が私に向かって接近してきた。
その蛆の湧いた腹は裂け、腐った内臓が覗いている。
紫色に変色した口からは膨れ上がった舌が垂れ下がり、落ち窪んだ赤い目が私を狙ってぎらついている。
ゴボゴボと喉を鳴らし、うなり声を上げながら食屍鬼が襲い掛かってきた!
posted by marker at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

317

通路を先へ進んでいくと、深い穴に辿り着いた。
穴には狭い橋が架かっており、橋には縄梯子が結び付けられて闇に覆われた深い穴へと降りている。
posted by marker at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。