2005年04月17日

119

私は思い切って扉を開けたが、その先の光景を見て驚かざるを得なかった。
中は小さな画廊になっていたのだ。
壁は全て動物や鳥の絵画で覆われており、部屋の中心では一人の老人が大きな画布に向かって忙しそうに一匹の狼の絵を描いている。どうも私が部屋に入ってきたのに気づいてないようだ。
絵を描きながら幸せそうに鼻歌を歌っている。
【関連する記事】
posted by marker at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。