2005年04月21日

250

私は左の分かれ道へと進んだ。

通路は鋭く左へ折れた後、真っ直ぐ進んでいる。
ずっと進んでいくと、右手の壁に木製の扉が見えた。
扉の中央には明るい黄色の太陽が描かれている。

なにか音が聞こえないかと探ってみたが何も聞こえない。
【関連する記事】
posted by marker at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3074438
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。