2005年04月22日

176

扉を開けると、中は家具からなにから真っ白に塗られた部屋だった。
ふとみると、部屋の片隅には白大理石の円柱が立っており、その上には白磁で作られた猫の像が置かれていた。その両目は宝石でできているようだ。

【関連する記事】
posted by marker at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。