2005年04月25日

131

鎖はたやすくはずれたものの、その箱のの蓋は非常に重く持ち上げるのは骨の折れる作業だった。
なんとか蓋をあけて中を覗いてみると、中には金貨が5枚、小さな銀の箱、そして奇妙な短剣があった。
その短剣は、柄の部分が銅でできており、刃の部分は不透明な水晶でできていた。

【関連する記事】
posted by marker at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パラグラフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。